会話する女性二人

更に安く

わかった女性

ボトルの利用方法

ウォーターサーバーは、常に電源を使用しているので、電気代に注目しがちですが、電気代意外の料金も多く存在するのが、ウォーターサーバーの特徴とも言えます。
電気代意外の料金が掛かってくるものとして、水代があります。
ウォーターサーバーに使われる水は、基本的にボトルと呼ばれる水の入れ物があります。
このボトル単位で水がメーカーから販売されています。
この量と質によっても、水の代金は大きく変わってきます。
高品質の水を安く飲むなら、ボトルの形式にも目を配る必要が出てきます。
ボトルには、ワンウェイやリターナブルと呼ばれる種類が存在し、それぞれのボトルによって料金も変わってきます。

ワンウェイと呼ばれるボトルのタイプは、基本的に一度使ったらリサイクル用のゴミとして出され、次の補充分には常に新しいボトルが届くタイプです。
一方、リターナブルタイプのボトルは、回収業者に空のボトルを回収してもらい、業者で洗浄して新たな水を詰める、リサイクル方式のボトルになっています。
その為、リターナブルのボトルは直接再利用することが出来るため、ワンウェイのボトルよりも低価格で利用する事が出来るといった利点が存在します。
費用を抑えるためには、これらの利用方法も検討しておく必要があります。

ウォーターサーバーを利用する際は、電気代のほかにも、このボトルや水といったものの料金を考慮した上で、トータルコストが安く済ませられるタイプを選ぶ事がお得に利用するコツです。