ウォーターサーバーの電気代ってどのくらいかかるの?

便利な水

水

用途に合わせて

現在、水の重要性が再び注目されて、ウォーターサーバーを導入する家庭やオフィスが増えてきています。
基本的に、設置して温水や冷水を利用できるウォーターサーバーは、利便性や衛生面といった点で安心できる事がポイントです。
常に冷たい水やお湯をすぐ使いたい場合にも重宝します。
ウォーターサーバーにも種類があり、ショートタイプとロングタイプと呼ばれる種類が存在しています。
ロングタイプは、業務用のものとしても広く普及しているタイプで、床にそのまま設置する事が出来ます。
ショートタイプは、家庭用にも利用できる卓上型のもので、ウォーターサーバーを気軽に利用する事が出来ます。

利用する際は、冷水や温水を保持しておくために、常に電源を必要としますが、ポットの機能が付いているかどうかで、大きく電気代が変わります。
冷水のみの場合は300円~500円と比較的電気代も安い傾向にあります。
一方、ポットの機能も付いたウォーターサーバーにおいては、電気代は月1000円前後になります。
この電気代でも、温水、冷水を利用したい時に使用できる点では、かなりお得担っていると言えます。
現在では、ウォーターサーバーも電気代を安く抑える、省エネの動きがあります。
家庭やオフィスの状況と電気代を考慮して、適切なウォーターサーバーを導入する事が求められます。
メーカーによって、機能や水のボトルの配達といった所も細かく変わってきます。
その他にも、家庭にサーバーを設置しておくだけで、毎日の生活や料理といった部分でも利便性が高くなる製品言えます。

発生する料金

ウォーターサーバーの電気代は、メーカーによっても違いますが、メーカーで機能も様々に違います。その為、利用料金と機能を見比べた上で家庭やオフィスの利用状況に合った適切な物を利用する事が求められます。

more

お得に導入

ウォーターサーバーは、冷水や温水を常に利用する事が出来るように、電源を利用します。その為、少し電気代が掛かってしまいますが、災害時の水分補給としても真価を発揮するので、ウォーターサーバーを導入しておく事に損はありません。

more

更に安く

ウォーターサーバーには、電気代の他にもボトルの利用方法によっても価格が変わってきます。リサイクルタイプや常に新しいボトルを利用するタイプといったものがあり、それらを好きに選ぶ事で使用料金を安く抑える事が出来ます。

more

レンタルや解約の費用

ウォーターサーバーを利用するに当たって、契約料や解約料といった電気代の他のコストも重要になります。夏場の短期間だけ利用したいといった場合もあるため、メーカーのサービスに応じてサーバーを選ぶ必要があります。

more